2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
新年早々禿げてます
2010/01/05(Tue)
10-1-4-2.jpg
クチバシの周りが一周禿げてしまった”くろ”です。
短い羽なので落ちているのはわかりませんが換羽です。
(今年最初の登場は”くろ”でした~)

10-1-4-3.jpg
”まめ”小さい体でギャルルと威嚇してます。
ほんとにこの子は小さいけどバイタリティ溢れています。

10-1-5.jpg
☆ヒアシンス☆は、やっとここまで芽が出てきました。

今3時半 外は曇ってきて風も強くとっても寒いです。
この記事のURL | 未分類 | CM(6) | TB(0) | ▲ top
コメント
-  -
くろちゃんの様にクチバシの周りから
ぐるりとおハゲが来る事があるのですね。
ボディーの羽はリッチでもふもふに見えていますが
くろちゃんはこれから潔くお着替えでしょうか(#^o^#)

昨年、kayoさんの水栽培の日記を読ませて頂いて
夏に掘り返した水仙の球根を思い出し、慌てて植えました。
「日なたに移植をしてみよう♬」と、慣れない事をしたのですが
水仙にとっては有難迷惑だったかも知れません。
ちょこんと芽を出しているのですが、花が咲くかどうか・・(汗)
2010/01/05 17:36  | URL | しさち #-[ 編集] ▲ top
- しさちさん こんばんは☆ -
夕方から寒くなりましたねー
球根ですが、さっき(ほんの10分くらい前)NHKで球根農家の事を放送していました。
なんでも、あまり陽が当たりすぎると良くないのだそうです。しさちさんは、水仙の球根も取り上げるんですね。私は放りっぱなしで今年は咲いてくれるのかなぁ?
雀宮(別宅?)のあまり陽の当たらない庭にも水仙を5球植えてみました。咲いてくれると嬉しいけど!

くろの換羽ですが、クチバシの所に一筋ハゲていたのですが、より沢山抜けてきて筋もなくなりました。
体の方の羽は、ほとんど抜けてないと思います。
くろは、アイリングも所々白っぽくなる時があります。
獣医さんに診てもらったら「特別心配はない」との診断でした。固体差もあるようですね。
2010/01/05 17:54  | URL | kayo #z1uogJ6Q[ 編集] ▲ top
- マルも~ -
モンモンはすでに換羽が終わって産卵なのですが
マルマルが同じような一部ハゲ。
これって家系でしょうか(爆)
マルの場合は嘴の上の部分がハゲるんですよ。
家も心配になって獣医さんに連れて行った事がありますが
同居の武蔵がラブラブチクチクの末に抜いちゃってる疑惑が浮上しました。
困った叔父さんです。

ところで・・・モンモン、、もしかしたら7個目いっちゃうかもしれないのですが。。。
はなちゃんってこんなに産みましたっけ?
小梅は5個が最高でしたので多卵?多産?家系では無かったと思うのですが・・・はて?
いずれにしても元気で頑張ってくれてます。
2010/01/05 18:42  | URL | かあちん #QwhazioY[ 編集] ▲ top
- かあちんさん こんばんは☆ -
マルちゃんも禿げてますか~e-274
くろは、上もなにやら茶色かかった色になっています。
同じ桜なので抜ける箇所も同じ???
笑えますね~
叔父ちゃん抜いちゃうのねe-264何を考えてるのかわからない所が又カワユイ

はなは、続けて7個はなかったですが2日くらい間隔あけて7個の時は、1度あった気がします。
続けると心配ですよね。沢山食べてもらわなきゃ!
女帝さま お元気の様子でよかったですが~
そろそろストップして欲しいですね。もう十分産みましたって ねe-266
2010/01/05 20:19  | URL | kayo #z1uogJ6Q[ 編集] ▲ top
-  -
こんにちは。

今年も可愛い文鳥ちゃん、よろしくね!
ヒヤシンスは、我が家のも同じ位に大きくなりました。
楽しみですね。
2010/01/06 13:19  | URL | 白髪のアン #-[ 編集] ▲ top
- アンさん こんにちは ♪ -
アンさんのヒアシンスも同じくらいで安心しました。
お水を入れすぎて球根を腐らせないように気をつけます。
今年も我が家の文鳥ズをよろしくお願いしますv-521
2010/01/06 14:46  | URL | kayo #z1uogJ6Q[ 編集] ▲ top
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top

トラックバック
トラックバックURL
→http://apronmomo.blog113.fc2.com/tb.php/530-847908ce

| メイン |